FC2ブログ

【鉄道】青春18切符の旅2012年夏-2_紀伊半島反時計周り

 じゃこうねずみのブログ

【鉄道】青春18切符の旅2012年夏-2_紀伊半島反時計周り

青春18切符の旅の2回目です。
今回は紀伊半島を反時計回りにまわります。
 

 



今回は前々から考えていた
紀伊半島一周コースを実行。
時刻表上は1時間早く帰宅できる
反時計回りコースで行ってみました。


知ってる人には当たり前のことなんでしょうが
天王寺発・関西空港/和歌山行の紀州路快速は
日根野駅で分離するんですね。
あやうく関西空港に行っちゃうところでした。
(そもそもこれの乗り場が阪和線ホームでないというトラップが)

 
御坊駅で買ったサンマ寿司の駅弁。
味の方は今まで食べたサンマ寿司の中で
トップクラスに残念な味でした。
時期的なものを差し引いても・・・という印象。


日置川。開けていることが多いので
川を撮るのは割と楽です。


見老津駅のあたり。
このあたりは大きな岩があるような海が見られますね。
じっくり写真を撮りたい場所。


今回は旅のお供にダンボーを連れて行きました。
写真にアクセントつけるのに丁度良い小物です。オススメ。


そうして串本着。
12時過ぎですがすでにKioskは閉まっていました。
待ち時間が30分もあるんですが、
売店が開いていないという微妙な状況。


串本を出てすぐ。橋杭岩前。
普段は見ないアングルなのでちょっと新鮮。

 
どちらかというと紀伊半島東側のほうが海景色が良い感じ。


そんなこんなで新宮駅。
八咫烏繋がりのため、こんな吊るし物が。
写真に収めるの大変そう。


此処から先食べられる場所がなくなってくるので
あまりお腹すいていませんでしたが駅弁を確保。
さっきのサンマ寿司よりはマシでしたが、
ここのやつもそれほどでもないという感じ。
時期が悪いのかな・・・

 
新宮~亀山の直通列車(各駅停車)。
和歌山~新宮の区間とは異なり、車内がガラガラでした。
駅自体の人っ気も少なかったです。


熊野川を渡り和歌山県から三重県へ。

 
三重県側もいい景色が見られます。

 
紀伊長島(荷坂峠)を超えると海沿いから内陸に入ります。
それとともに渓谷のような景色が見られるように。

 
恐怖の接続駅・多気駅。
去年一周計画を立てた時、ここで一時間待ちが発生したので
断念したという記憶が。
聞いていた通り回りには何も無かったです。

 
ただし時間帯によってはいいものが撮れますね。


そのあとは亀山から関西本線で木津に戻る予定だったんですが、
松坂駅を過ぎた後で、関西本線の伊賀上野~加茂が運休というアナウンスが。
もう松阪過ぎてるので近鉄経由で帰るというのも微妙になり、
とりあえず亀山まで行ってみることに。

亀山についてみたら
伊賀上野~加茂は代行バスありというアナウンスが。
これがなかったら伊賀上野から伊賀線経由で
近鉄に出ることになってましたね。


んで代行バスで加茂に戻ってきたんですが、
当然ながら此処から先は通常営業でまともに接続するわけがなく、
ここで30分待たされました。
後一駅なんだからバスもそこまで行ってよと思わなくもなかったり。
(この一駅区間が微妙なのがつらいところ)
団体旅行だったらタクシー使うというのもあるんですが
30分だからと我慢(結構目が疲れてつらかった)。


そんなこんなで木津駅に戻りました。
予定より1時間遅れとなりましたが、
何とか無事戻ってこれました。
時計回りに進んでいたら結局この時間だったと思うと
いろいろ考えてしまうところでもありましたが、
時計回りだと白浜から乗ってくる人で
大変なことになっていたのかもしれませんね。
まあこれはこれで良かったとしますか。

2012-08-12_青春18切符の旅②

これ以外の写真はまとめてPicasaにうpってますので
よかったらどうぞ。


次の週末も青春18切符の旅の予定。
今度は一泊するつもりです。
 











管理者宛の投稿

Twitter on FC2

プロフィール

jyakou

Author:jyakou
生息地:京都と奈良の境目あたり
   
車やバイクで酷道とかいろいろ走っています。メインは紀伊半島ですが、中部・中国地方にもたまに出没。
名前の由来は、動物のジャコウネズミから。ムーミンに出てくるジャコウネズミ(マスクラット)とは別の動物です。マイナーすぎて多分誰も知らない動物。

最近の記事
カテゴリー
過去ログ +

2020年 01月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【3件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【2件】
2016年 11月 【2件】
2016年 07月 【3件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【1件】
2015年 11月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【4件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【14件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【8件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【9件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【11件】
2011年 11月 【14件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【18件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【17件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【17件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【9件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【15件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【11件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【8件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【9件】
2008年 05月 【14件】
2008年 04月 【8件】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター

   

ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック
 
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム